覚勝院門

覚勝院について

嵯峨天皇と弘法大師の出会いのお寺、旧嵯峨御所大覚寺、その門前に残る唯一の塔頭寺院が覚勝院です。大覚寺は、嵯峨天皇の離宮「嵯峨院」にはじまり、天皇自らが神に仕え神をまつる寺とされ、弘法大師との良縁をお持ちになった聖蹟の地であります。また、鎌倉時代(1307)に後宇多法皇が大覚寺を再興され、ここで院政をとられたので大覚寺を嵯峨御所と呼び、御歴代が皇族であったために門跡寺院と言われています。覚勝院は今から700年前に、摂政、関白の子息が出家して、法皇の法流を継承する院家の住坊として建立され、天皇自らが神仏習合の祈願した寺だとされています。そして今なお、嵯峨天皇の御こころと弘法大師空海の御教えを伝え、嵯峨天皇の陵をお守りする聖舎大覚寺を守護するのが役割であり、その使命を担っています。昭和二十七年以来、幼児保育のため社会福祉法人、覚勝福祉会を設立、まこと幼児園を運営し、千八百人を超える卒園児が地域の発展に活躍しています。

大覚寺/
真言宗大覚寺派大本山。
嵯峨天皇の離宮跡を876年(貞観18年)寺に改めた歴代の天皇や皇族が住持された門跡寺院です。


弘法大師/
真言宗の開祖、空海のこと。


法流(ほりゅう)/
拝み方、焚き方が12流派(野沢十二流派)あり、その中の1つの流派。

十一面観音像/
10種類の現世での利益(十種勝利)と4種類の来世での果報(四種功徳)をもたらすと言われる。現世利益を、民衆の苦しみを救済する観音さまとされている。


歓喜天/
天部の護法神。また聖天(しょうてん)、大聖歓喜天、大聖歓喜大自在天、大聖歓喜双身天王、天尊(てんそん)と呼ばれる。象頭人身の姿で表わされる。

夕霧太夫 夕霧太夫/
近松門左衛門作、浄瑠璃「夕霧阿波鳴渡」で有名な新町の扇屋の遊女夕霧の像。

歓喜天、聖天様をお祀りする寺

覚勝院の本堂は正徳元年(1711年)徳川家宣の寄進によるものです。ご本尊は、その深い慈悲により衆生から一切の苦しみを抜き去る功徳を施される菩薩・十一面観世音菩薩。また、ご本尊とともに、十一面観世音菩薩によって善神に改宗され仏教を保護し財運と福運をもたらす歓喜天、聖天様が祀られています。嵯峨聖天とも呼ばれています。その他、地蔵菩薩(嵯峨釈迦堂内地蔵院の本尊)、乳(ちち)観音(かんのん)(周山密厳院の本尊)、毘沙門天、不動明王、夕霧太夫の像も祀られています。

歓喜天
おはら帯 天皇陛下聖體安穏

明治天皇ゆかりのおはら帯

覚勝院は古くから嵯峨御所の院家として、御所の法流お預りの寺です。歴代の住職は公卿であったこともあり、明治天皇のご生母である慶子姫とはきわめて縁故が深かい関係にございました。そのご縁で、明治天皇ご生誕の際のおはら帯を加持して、献上させていただきました。この尊いご縁にあやかって安産祈願をご希望される方も多く、覚勝院のおはら帯として赤ちゃんの安産と、母と子の幸せな成長を御祈願申し上げております。

おはら帯/
イヌは多産でお産が軽いことにちなんで、妊娠5カ月目の戌の日に、 安産を願って、さらしの腹帯を巻いて祝う習わし。

聖天様の大根供養

本堂に祀られている歓喜天、聖天様は、ヒンズー教の神様ではガネーシャにあたります。その聖天様のお喜びになるお供えものは、お酒とお団子と大根。聖天様は元来が歓喜、敬愛を本誓としておられます故に人生を歓喜悦楽して暮らすことが、聖天様の御祈願にかなうのです。また、お大根は蘿富根(らふこん)といいます。大根は心身の毒を消し、生命を養う薬。これを食して、煩悩の毒を除き、諸々の障難を脱しめんとの聖天様の御誓願故にこれをお供えし、そのお下がりを頂戴して炊き上げ、皆さんと一緒にいただくことで「心身の毒が消え、八福に浴する」のが聖天様の大根供養会です。毎年、旧暦の小雪の日を挟む二日間で行います。

本年度の予定/2013年11月22日(金)、23日(土)、24日(日)午前10時より

大根供養

(c)京都新聞社

護摩供養
大根供養

(c)京都新聞社

年間行事のご案内

平成25年

  • 1月14日(月)初護摩
  • 3月20日(水)春彼岸お施餓鬼供養会
  • 8月16日(金)初盆供養会
  • 9月23日(月)秋彼岸お施餓鬼供養会
  • 11月22日(金)・23日(土)・24日(日)聖天様の大根供養
       ※3日間とも午後2時より護摩奉修
  • 12月23日(月)しまい護摩
寳勝心殿

覚勝院納骨堂「寳勝心殿」

嵯峨天皇と弘法大師の御こころを継承させていただき、その脈々と流れる御教えが感得できるように心がけ、建立させていただいた納骨堂が「寳勝心殿」です。檀家・宗旨を問わず、ご縁をお結びいただいた皆様のご先祖をご供養し、覚勝院が大切にお護りいたします。

詳しくはこちらをご覧ください

拝観のご案内

覚勝院では皆様のご来寺を
心よりお待ちしております。

所在地

別格本山 覚勝院
〒616-8412
京都市右京区嵯峨大覚寺門前登リ町2
TEL 075-881-5788 / FAX 075-872-5538

地図

●電車でお越しの場合

  • ■JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅下車 徒歩約15分
  • ■京福電鉄  嵐電嵯峨駅下車 徒歩約20分

※大本山大覚寺向かい

●バスでお越しの場合

  • ■JR京都駅発 
  • 市バス28系統/ 京都バス81・71系統
  • ■三条京阪発 【大覚寺行】京都バス61系統
  • ■四条烏丸発 【大覚寺行】市バス91系統

※全て大覚寺下車

最初へ戻る